Name

ST_3DArea — 3次元の面ジオメトリの面積を計算します。立体の場合は0を返します。

Synopsis

floatST_3DArea(geometry geom1);

説明

[Warning]

ST_3DArea is deprecated as of 3.5.0. Use CG_3DArea instead.

Availability: 2.1.0

このメソッドにはSFCGALバックエンドが必要です。

このメソッドはSQL/MM仕様の実装です。 SQL-MM IEC 13249-3: 8.1, 10.5

この関数は3次元に対応し、Z値を削除しません。

この関数は多面体サーフェスに対応しています。

この関数は三角形と不規則三角網 (TIN)に対応しています。

ご注意: デフォルトでは、WKTから生成されたPolyhedralSurfaceは面ジオメトリで、立体ではありません。サーフェス面を持ちます。立体に変換すると、面を持ちません。

SELECT ST_3DArea(geom) As cube_surface_area,
            ST_3DArea(ST_MakeSolid(geom)) As solid_surface_area
            FROM (SELECT 'POLYHEDRALSURFACE( ((0 0 0, 0 0 1, 0 1 1, 0 1 0, 0 0 0)),
            ((0 0 0, 0 1 0, 1 1 0, 1 0 0, 0 0 0)),
            ((0 0 0, 1 0 0, 1 0 1, 0 0 1, 0 0 0)),
            ((1 1 0, 1 1 1, 1 0 1, 1 0 0, 1 1 0)),
            ((0 1 0, 0 1 1, 1 1 1, 1 1 0, 0 1 0)),
            ((0 0 1, 1 0 1, 1 1 1, 0 1 1, 0 0 1)) )'::geometry) As f(geom);

            cube_surface_area | solid_surface_area
            -------------------+--------------------
            6 |                  0